2015年09月30日

僕がバレてないと思う確証

今日も楽しく!
と、コメントを読んでいると「むむむ・・・」なにやら不安になってくる話題になってますね〜


こあさんからの質問ですけど「バレてない」という自信はあるけど確証はありません。これは多分、確証となると言葉の意味から考えても難しいです・・・。しかし普段の状況などからすると確かに「泳がされてる可能性」というのはゼロとは言い切れません。

ただ普段の生活ではなんら変化は感じませんし、nagiさんのおっしゃるように「生活できてればどうでもいい」という状態なのかもしれませんし、その辺りはどうしても嫁に聞いてみないと何とも判断できないんですよね〜

Re.さんのような実体験からくるお話も「確かに」と言わざるをえません 笑


そんな中で確証は実はありませんが、大丈夫だと思う理由を列挙してみます。



・出張は以前から月の頻度で以前も今も変化はない

・家でメールをするのは嫁が就寝後のみ(寝室は別々)

・電話をするのは通勤時、仕事中のみ(例えば用もなく家を出てってパターンはありません)

・ブログのデートの日が正しい?さてどうでしょう 笑

・もちろんふみおさんは偽名です 笑

・スマホはロックをかけています

・写真類は「.」付フォルダに格納しスマホで直接は閲覧不可

・メールはアンドロイドなのでシークレットフォルダ

・嫁はガラケーでPCやスマホの知識はゼロ



一番の心配は「財布やかばん」です。
財布やかばんは僕が爆睡しているなら簡単に見ることができます。中のお金の残金もレシートや領収書も。勘ぐられるといけないので、出張時の話もしています。今回は安い温泉宿だったとか、そういう類の話です。また、割と休日は家のこと(庭やDIYなど)をがんばってやるタイプなので、いい旦那さんのはずなんですけどね 笑

僕は僕なりに神経を使っているつもりですけど抜け落ちているところもあるかもしれません。
皆さんからのアドバイスをいただければ幸いです♪







にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 40oyaji at 12:21| Comment(37) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

存在意義

彼女とのデートも終わり平日が戻ってきた。
なんだか夢の2日間を過ごしたような感じ 笑
毎月1回だけ、彼女と過ごせる唯一の時間です。


実際に日々の状況を見ると、

・1日15〜60分の電話
・1日5通程度のメール

これだけなんですよね。
コメントいただく方の中にはもっともっと会うことも連絡もできない方もいらっしゃるので、贅沢かもしれません。それでもやっぱり実際に会うのと比較すると、これだけの連絡ではなんだか物足りない。いや、もっと時間を長く話しても、メールを100通したとしても、会うことと比べると満足はできないだろうと思います。

それでも、彼女の声を聞けるだけで僕の心は癒されているようで、HAPPYな気分になります。きっと彼女も同じだと・・・。同じであって欲しいですね 笑

そんなささやかな存在意義しかないし、とても危険な付き合いなんだけど僕達は離れることができない♪離れるつもりもない♪

馬鹿じゃない?って思う人もいると思うんですけど、馬鹿なのかもしれないけど、今日の僕は彼女のことが物凄く好きで大切です 笑







にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 40oyaji at 18:36| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

女体の神秘と不思議

彼女が何回も絶頂に達してくれることは、SEXにおいて僕の活力にもなるし嬉しいし、有難い話ではあるのです。


で、彼女にも聞いてみました。


「実際さ、そんなに疲れる?それと何で手で俺を止めるのさ 笑」

彼女
「そりゃ疲れるよ♪あのねイク時までぎゅーっと力を入れないとイケないのよ 笑」


「あ〜なるほど、だから腹筋も痛いんだ 笑」

彼女
「でも、イッた後は力が抜けるし、触られるとおかしくなるの♪だからイッた後は静かにね♪」


分かるような分からないような 笑

それにしても女性の体は凄い。
ぐいぐい締め付けてくる力は指1本でもしっかりと締め付けるほどだし、男は1回出すとそれっきりだけど女性は何度も達することが可能。羨ましい限りです♪

その間、濡れっぱなしの喘ぎっぱなし。確かに喉も渇きますね♪彼女も何回か給水しておりました 笑

まだまだ奥が深い女体の神秘です!


それに対抗すべくED治療薬 タダリスSXを服用しました。今回はピルカッターで半分のみの服用。それでも全然大丈夫でした♪しかしながら、男の本能というかやっぱり「出す」と終わるということですから、そこばっかりは修正できません。。。


今回は2回の射精ということになりましたが、それでも十分に満足できました♪というかアソコが痛くなりますもんね 笑 女性は痛くならないんでしょうかね?これも女体の神秘ですね!







にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 40oyaji at 18:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

デートの夜

そんなこんなで「夜」下ネタ編となります
今回の僕の目標は「何回イカせられるか」笑

そんなことにこだわる必要がない事も重々承知しております。
だけど、男から見たときに「ちゃんと感じてくれているか」のバロメーターであることも事実。中々イケない方もいらっしゃいますが、彼女はイケるタイプですので今回は回数を数えてみました!


まず、タオルで目隠しをしました。
彼女の両手はバスローブで縛り、手の自由を奪います。僕なりの持論ですけど、視覚を遮るとその他の感覚が鋭くなる。そして集中できるのではないかと・・・


ことの詳細は省きますよ 笑
「僕は彼女の花芯を・・・」みたいなことを書けないので 笑


指の挿入なし、クリトリス周辺で


5回


そして、指挿入してGスポット、ポルチオで


6回


そして、その後「もうだめ入れて」で挿入して


2回


さらに翌朝
指挿入してGスポット、ポルチオで


5回


そして、その後挿入して


2回



さらにもう一度指挿入で


1回


となりましたので総合計



21回



僕も筋肉痛、彼女は終わった瞬間に寝てました 笑
2人とも体力の限界に挑戦した達成感とともに眠りにつきました♪


しかし、女性がそんなに疲れるもんですかね?
僕は一生懸命自分のあらゆる体の部分を駆使してるわけで、体力的も限界だ!となりますが、彼女の場合はほとんど寝てるじゃないですか?

彼女曰く「疲れるわよ 笑」と言ってましたが、僕の中では「そう?言うほどでもないんじゃない?」と思っています♪







にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 40oyaji at 16:55| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

じっくり話した

よいデートでした。
ゆっくりした時間の中で彼女と話をして、ご飯も食べ、体を重ね、お風呂にもつかり♪
心身ともにリフレッシュされた感じです!
ただ、筋肉痛ですけど 笑


彼女と夕食後にゆっくり話をしました。

話す内容は僕は少し酔っていたので、しつこい感じになってましたが 笑

要約すると
W不倫で遠距離だから意思の疎通があらぬ方向へ向かうときがあるかもしれないけど、この関係を大切にしたいと思ってるから、お互い何でも話をして解決していこう!的な?


もちろん、先日の態度については「あれはない」と。
彼女は「ごめんなさい」と謝っていました。
なぜああなってしまったかという理由については割愛しますが、簡単にいうと情緒不安定になるようなことがあったところで僕とのちょっとした行き違いという感じ。

とにかく

いかに僕がこの関係を大切に思っているか

ということを重点的にプレゼンし 笑
彼女がそれを聞き涙を流すという展開となりました。
彼女より僕の方が口が達者ですので、悪く言えば「丸め込まれた?」ような、良く言えば「分かり合えた?」ような♪


どちらにしても、僕は彼女との関係で「嫌な思い」「辛い思い」をしたくないのが本音ですから、いつまでも仲良く楽しく付き合えるように。そうです、お互いが努力することが重要なんだよと♪


僕も彼女もラブラブな気分になったことは言うまでもありません♪


続きは明日、また書くことにします!






にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 40oyaji at 19:32| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村