2016年01月17日

そのままで

彼女との電話も1日1回くらいは保てています♪
お互いの距離感もまずまず。
最近の彼女の話題は「ほぼ職場の愚痴」でございます 笑

職場の人間関係は女同士の骨肉の争いになっているらしく、元凶となる人間と巻き込まれる人間とで複雑怪奇な状況で、話を聞いてる僕も元凶となる人の名前は覚えてしまいましたが、その他の人物の名前はどれが誰か分からないまま「あ〜それは酷いね」などと相槌をうっている状態です 笑

でも、そんな話でも僕とすることで彼女の心が平穏な状態に保てるのであればそれもよし♪あ、もちろん愚痴だけではないんですけどね♪愚痴が多い時期になっています。

昨日コメントの中でクローバーさんが書かれていた


「私は私のままでいいのに」


そうなんです。
本当にそうなんです。
前にも書いたことがありますが、化粧も別にしなくてもいい、何も無理する必要はないんです。普通に彼女が彼女のままでいてくれたらそれでいい。でも化粧はしなければならないでしょうし、色々デートで気を使うこともあると思います。

だけど基本は「素のまま」でいいんです。
よい彼女になろうと努力しなくていいです。
だから僕も「僕のまま」で彼女と接しています。お金がないのにあるフリをすることもありませんし、普段の金銭感覚で普段の価値観のままで接します。

僕自身はそうしないとダメになると思ってしまうのです。
カッコつけたい時もあるし、実際カッコつける時もあると思いますが、あまりに自分とかけ離れた状態を作ることはよくないと思っています。

幸いにも彼女と僕の間で金銭感覚や価値観に大きな差がないので、何とかうまくやれている方だと思います。金銭感覚よりも価値観かな?笑いのポイントや興味のあるポイントなども関係すると思います。

何より「彼女は彼女のまま」でいてくれることで十分なんです。その存在があるだけでとても幸せですよ♪


あれ?またのろけ話に・・・

私は私のままでいいのに…っていう言葉で浮かんだ歌です♪
意味は違いますがいい歌ですね〜
https://www.youtube.com/watch?v=NHN3tfS_eEc








にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 40oyaji at 13:51| Comment(27) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

少しずつ変わっていく

変わっていく

僕たちは人間ですから、常に進化していく生き物だと思うんですね。進化とまではいかなくても、学習していく能力があるはず。


とはいえ、彼女と再会してから「僕はこのままどうなるんだろう」と感じたこともありました 笑


このまま彼女のことが好きで、好きで、好きで、家族との生活とか日常とか全てが壊れてしまうのではないだろうか?とか真剣に考えました 笑 でもブログを書くことで自分の中で整理ができるようになり、コメントをいただくことで同じような人たちがたくさんいることも分かりました。

もしも今の僕にアドバイスできることがあるとすれば


「少しずつ変わっていくはずですよ♪」


ということくらいですかね?
少しずつですけど、彼女を好きな気持ちの内容も、自分の中での気持ちの処理も、いろいろな事が少しずつ変わってきたと思います。

別に今の自分が凄く安定して、彼女との関係も家族関係も全てがうまくいってるんだ!っていうことではありませんが、それでも一時期からすると「大人になったぜ!」って感じがします 笑


いろんな部分で一喜一憂するのも人生であり恋愛であり大切なことだと思います。だけど、僕のように必要以上に考えすぎるのも困ったものです。そこから逃れることはできそうにありません 笑 逃れられなくても上手にかわすことができるようになってくるはずです♪


そして自爆への道は少しずつ遠くへと・・・


そういう風になるんだと思っています。
これは恋愛の過程において起こるべきもので、それが不倫という関係からより大きくなるんだと思います。だからその先には


「燃えるような恋」に別れを告げて


「暖かな恋」がやってくる


のではないでしょうか。


今、僕は彼女を好きで恋愛をしているわけですが、その「熱過ぎる」程の想いは徐々に薄れ、「暖かい」という表現ができる「幸せな空間」に移っていくんだと感じています♪


おそらく、僕よりも長くお付合いをされている方々は似たような感覚になってらっしゃるのではないでしょうか?


暖かいレベルになっても幸福感はしっかりある。そういう関係に♪


あ、なんか良い事書いたような?








にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 40oyaji at 18:36| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

彼女を好きな理由

彼女の肉体にぞっこん♪
彼女からも「体が目的?」とは何回も言われていますが、最近は「その体でそう思う?」と厳しく接しています 笑


しかし、実際には体も目的。高校時代より少し太った彼女は胸も大きくなり触り心地もGOODです!体のラインは崩れてきていますが、それでも彼女の体はいいです♪


だけど冷静に考えてみると

SEXできるから好きになるわけではなく、こあさんがコメントしてらしたように「彼女が好き」ということが大前提なわけです。お手軽風俗ということも考えられなくはないですけど、僕の場合は移動距離と時間、少しの費用を考えるととても「割のいい相手」とは言いにくいですね 笑


彼女を好きになった。いや僕は元々彼女が好きだったんですよね〜
心のどこかに置いてあった彼女への想いが溢れた。


まさに僕は興奮しました。
彼女を好きな気持ちは置いてあったわけですから、ドキドキするし大変でした 笑
そして結ばれた。
彼女とのSEXはまさに夢のようでした。


SEXの虜という言葉もまんざら嘘ではないと思います。
でも、SEXなしでもいいのかな?とさえ思えてきています。
これから先、お互いにSEXできなくなる時がきたとしても、彼女に会いに行くだろうなと思っています♪


SEXばかり連呼してきましたが 笑
まんざら嘘ではないですけど本当ではないです。
本当は彼女との時間が

楽しい
癒される
幸福感

こういった感覚があるから。これが一番だと思います。


せっかくつきに1回しか会えないのにSEXしないという選択肢はない!のではありますが、彼女と過ごす時間はとても心地よく僕の心を癒してくれてます♪


なんだかのろけてるような感じになったのでこの辺で 笑








にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 40oyaji at 17:10| Comment(33) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

なるほど

いやー彼女がsexの最中に演技かー、あまり考えてませんでしたが確かにある程度分かっても本当のところは。。。笑


男の愛情をどうやって判断するか。体だけ?と思うかもしれませんよねえ。それは理解できます!

しかし以前も書きましたが、体ならば若い子の方がいいと思うんですけど、あえて体を中心に考えてみると


愛のあるsexでしょうかね?


風俗では得ることのできないものだと思います♪


好きだよ


と、言わなくてもデートのために時間を作ったり、電話やメール、LINEなどもそうですがリスクをおかしながらも繋がろうとしていることなどが言葉の代わりだと思ってもらえれば幸いです♪




posted by 40oyaji at 10:21| Comment(79) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

あれ?なんかおかしい

なかなか人の心の中の本心までは分かりませんよね?
僕自身ももちろん分かりませんし、コメントを読んでいてもやっぱり相手の気持ちが分からない、確信がないなどの悩みって多いですね。


僕もほとんどがそう。
ちょっとした言葉に反応して

「あれ?なんかおかしい」

これが直感で当たっていることもあるのですが、95%くらいは思い過ごしなわけです 笑


ほんとにちょっとした言葉尻に反応するので困ったものです。
電話で話していても会話が上手く回らないとき、相手の反応が悪い時。こういうとき、彼女は大体テレビを見ながら喋っていて半分聞いてない 笑

だけど僕は反応が悪いので


「あれ?なんかおかしい」


なんて考え始めてしまうのですね。電話を切った後も「あの反応はいったい・・・」「なんかまずい事でも言ったかな?」などとぐるぐる脳を回転させます。でも本当はテレビを見ながらだっただけなのに、いや、それさえも本当かどうか分からなくなるんですよ・・・


唯一、「あれ?なんかおかしい」にならないのはSEXだけ 笑


SEXに関しては今のところ反応に疑問を感じるところはありません♪








にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 40oyaji at 18:31| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする