2015年03月17日

今日は想い出に

昨日は彼女との電話は30分くらい、メールも少なめ。仕事の関係でこの時期忙しいんです。。。4月上旬くらいまででしょうか・・・憂鬱です 笑


さて、そんな今日は私の地域はとても暖かく、春の気分でした♪


なぜか昔の事を思い出すことが多く

「あ〜高校の時はこうだった」「あ〜20代前半はこうだった」

と、彼女のことだけではなく若かりし頃の思い出にひたっておりました♪


彼女のことだと、彼女からカセットをもらったんです。ある歌手のアルバムを録音したものでした。歌手名は控えますが、私の中でそのカセットの中の1曲に凄く思い入れがあるんですね♪その曲=彼女となってしまっていて、その曲を思い出すと彼女をセットで思い出していた曲。

その歌手(バンド?かな?)は現在は表での活動はされておらず、カラオケでも数曲しかなく、その曲はカラオケで歌うこともできません。さらに、ダウンロード購入はできますが、CDは再販されておらずそのアルバムはCDだと1万円程度でオークション取引されてるんで手に入りにくいんです 笑

いろいろネット上を探して、youtubeにアップされてるのをMP3でダウンロードして聞いているのですが、音が悪くてCDが欲しいんです♪ここでもしかしたら「CDに焼いてくれませんか?」と頼んだら持ってる人がいたら・・・とも思いましたが、万一を考え伏せておきます♪

そんな曲を最初に彼女に伝えました。


「ずっと心の中で流れてたんだ」


なんていう言葉でしょう 笑
今、自分で書いてはずかしすぎました・・・


ちなみに彼女はカセットの存在もその曲も歌手も全部!覚えてました!が、私にカセットを渡した記憶はないそうです・・・








にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ


※ブログ主が不快だと感じるコメントは予告なく削除する場合がございます。
posted by 40oyaji at 19:45| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
春の陽気のせいだったんですかね
私も想い出に浸った日です

ちょっと凹んだふみおさんへ
さっきの幸福駅行きの切符ですが
彼は 私にくれた事 覚えてませんでしたよ 笑

そんなものかもしれませんね
fight!
Posted by HAL at 2015年03月17日 20:47
ふみおさん、みなさん、こんばんは。
こちらに遊びに来るのが、すっかり日課になってしまいました(^o^)


ありますよね・・・昔聞いてた曲を聞くとその時のことを思い出すってこと!
懐かしくなったり、切なくなったりします。

ふみおさんの探してらっしゃる曲、気になります。

彼女さんが覚えていらっしゃらなくて、ショックでしたね(>_<)
私も彼が昔、告白してくれたこと覚えていなくて、彼もそうとうショックだったと思いますが、それを聞いた私もショックでした。
そんな大事なこと覚えていなかったなんて・・・。

彼女さんも必死で思い出そとしているかもしれませんよ(*^^*)
元気だしてくださいね。

Posted by ジャスミン at 2015年03月17日 23:36
「ずっと心の中で流れていた」っていいですね〜」
私の彼は再会するまでの10年離れている間ショートカットの女性を見ると私じゃないかとついつい目が行ってしまってたと言ってました(笑)居るはずないのにって。
再会した私はやっぱりショートカットでなんだかほっとしてるようでしたよ。
私の想い出は彼が歌が上手だったのでラルクのwinter fallをカラオケで聞くたびに胸がキュンとなりました。
Posted by あーちゃん at 2015年03月18日 07:42
ふみおさん

すてきですね。思い出の曲。

私もあります。
聞くと、勝手に涙腺が崩壊する曲。(笑)
スッゴい悲しい歌とかじゃないんですよ。
たまたまテレビで流れてたりとかしてもウルウルしちゃうし…
懲りずにカラオケで熱唱してもなきます。(笑)

ほかの人が聴いても、涙誘われる歌ではないんですけど…

でも、その歌聞くと、元気になるし、なんでもがんばれそうになるし、なにより、彼が愛おしくて、どうしようもなくなります。
Posted by ぬーさん at 2015年03月18日 13:53
みなさんコメントありがとうございます!


歳をとったせいか、最近の歌は分からなくなり、昔の曲ばかり「いいなあ〜」と思ってしまいます・・・既に「懐メロ」になってしまった感じ 笑

Posted by ふみお(ブログ主) at 2015年03月18日 15:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック