2015年04月03日

少なくても

4/1.2はPCの無い環境だったので更新しませんでした。


昨日は彼女との電話は15分くらい。メールは多めでした♪

エイプリルフールは企業でも様々な特別CMを放送したみたいで、日本も楽しい国になったな〜と思いました。ロッテリアの「エビなしバーガー」も、最初は本当だと信じてしまいましたから 笑 逆にクレームになったりしないんでしょうか♪


さて、PCの無い環境であっても電話はありますから、メール程度の文字は入力に困りません。必然的に彼女との会話もメール中心となりました。


メールのやり取りも悪くはありませんが、レスポンスが悪いので電話と比較するとどうしても「まどろっこしく」感じてしまいます。贅沢な話です 笑

彼女からの言葉
「電話の時間が少なくても、メールだけでも感じあえてるね♪」

一瞬私は「そんなにエロい話はしてないけど・・・」
と思いましたが、違いましたね 笑
そういう「感じあえる」ではなく、「お互いを感じあえる」ってことだったんですね♪


彼女との距離は逆に遠かった2日間でしたが、心の距離は近かったような、そんな2日間でした!




にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ


※ブログ主が不快だと感じるコメントは予告なく削除する場合がございます。
posted by 40oyaji at 15:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふみおさん、おかえりなさい(^o^)/

確かにですきらきら
連絡が取りずらい時ほど、彼のことを想っています光るハート
ココロの距離はゼロセンチです。

遠距離ですから何処にいたって会えないのは同じですが、出張から無事に帰って来てくれるとすごくホッとします(^^)


最近私は波が来てて、彼に対してスキスキ度合いがハンパない状態ですハート
春だからですかねー花見(さくら)



Posted by あず at 2015年04月03日 16:23
ふみおさん、出張お疲れ様でした(^.^)

私達は普段メッセンジャー使ってますが、今までと違って毎日会わなくなると、しゃべりたいことが多くて、メール打つのが遅い私としては、電話の方が手っ取り早い!と思うようになりました〜

家に帰ると電話できないので、お昼休みが唯一のチャンスです。
やっと、今日、20分位話せました。
声聞くと安心しますね光るハート
第一声はジーンと泣きそうになっちゃいました(^_^;)

でも、電話できないときは、メッセージがたくさん欲しいって思います。
とにかく繋がりを感じていたいですよねにこにこ
Posted by サファイア at 2015年04月03日 17:29
>あずさん

確かに春で暖かくなったので、ラブラブ気分は高まっています!私は来週出張で行けそうですので余計に 笑


>サファイアさん

会うのがもちろん一番ですが、それが無理なら電話、それも無理ならメールやLINEって感じになるんですけど、会うのがやっぱり一番ですよ♪

Posted by ふみお(ブログ主) at 2015年04月03日 18:51
ふみおさん、こんばんは。

彼女の言う、お互いを感じあえるって、分かりますよ~( ´ ▽ ` )ノ花見(さくら)

私も彼とは1,000キロ離れて、普段はLINEでお話ししていますが、心が近いと感じると、とっても幸せで、まるでハグしたみたいに満たされます(^^)

私達、手もつないだ事ありませんが、心はとっても近くにあります。

いつか会える日を楽しみにしている私です黄ハート
Posted by えいぷりる at 2015年04月03日 21:40
こんばんは!初めてコメントかきます。昨日ブログを発見させていただきました。
私も同じく40代、彼も40代、私たちは1万5000キロほど離れている遠距離です。
彼が激務でLINEもなかなか返信もらえませんが、不思議とつながり感は常に感じてます。
今年はまだ一度もあえてないなー。

なんだかラブラブで羨ましいです♡
Posted by リコラ at 2015年04月03日 22:19
>えいぷりるさん

1000キロは遠いですね・・・さすがに車を飛ばしてって気分にもなりませんものね♪そうなると、電話かLINE、メールなどになりますものね〜♪


>リコラさん

げげ!15000キロですか 笑
すみません、遠すぎて笑ってしまいました♪


お二人に比べたら私は幸せですね〜、距離も近いし 笑

Posted by ふみお(ブログ主) at 2015年04月04日 14:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック