2015年06月20日

このブログ

質問のような形でありましたので回答します♪


「このED薬を紹介して儲かるのか」

このED薬とAGA治療の薬を紹介して売れると「儲かります」
元々、そんなことは考えてもいませんでしたが、自分がそういう薬を検索し購入したときに目に付きました。あ〜なるほど、これを紹介すれば喜ぶ人もいるだろう!これは儲かるんじゃない?

と思いましたが、思ったよりも儲かりません。

金額にしてみると月額100〜300円程度です・・・。なので必死に紹介する気もあまりありません 笑 そういう記事を書くときだけ紹介しています。5年くらい経てば1万円くらい儲かる?

儲かるというよりも、ED治療薬教という宗教に入信したような 笑
布教活動をしているような 笑
そんな感じですね〜 ある意味残念ですね


そんなことよりも、どちらかと言うとコメントをいただく内容を読むのが楽しいですよ♪たまに変な感じの時もありますが、大体は「羨ましいなあ」と思いながら読むことが多いです 笑

反対に「羨ましい」という声もありますが、それは「彼女」を羨ましく思ってることが多く、私を羨ましいと思うことはあんまりないと思います♪


W不倫の議論などは遠慮したいところです。コメント欄での議論はあまり好ましいことではありませんので♪


ただ、W不倫している人が読んで、コメントしたりしながら共感したりされたりして少しでも気が晴れればいいと思います。また、W不倫になってない人には苦しみも多いと思うので、記事を読んで、コメントを読んで、「やっぱりダメ!」となってもらってもいいと思います。


ほのぼのした空間であればいいのになあと思っています。







にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 40oyaji at 17:55| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このブログといいますと、同級生との再会といえ方が多いですよね。私は年上が多くて同級生は弟のような存在で男として見れませんし、そしてその時その時で別れて気持ちが完結してるので復活!とかはないんですね。ふみおさんのブログを見て、そんな昔の人と復縁とかってあるんだー?と思っていたらコメント欄にたくさんいらっしゃって驚いてます。w不倫の多さ、考え方の違い、年齢の幅、色々ありますね。
Posted by y's at 2015年06月20日 18:52
私もふみおさんの彼女さんが羨ましいなぁ、といつも思っています。
彼女さん自身のカラッと明るい感じも、ふみおさんの深〜い愛情も。
リアルでは話せないことも、ここで話せていろんな意見が聞けて貴重な場だな、と思ってます。
y'sさんが書かれてますけど、こちらには同級生で復活、という方が多いですね。
彼が先日同窓会に行ってたそうなんですが、当時彼に片想いしてた女性もいたそうで。ちょっと複雑な乙女心です(笑) 好きだった、と言われて男として悪い気はしないでしょうしね。
私の彼は年下ですが、y'sさんにとっては論外でしょうか^^;
年上の頼りない夫より年下の彼のほうが男らしくて頼り甲斐があるので年は関係ないかも。いつも年下彼にヨシヨシされてます。
Posted by メレンゲ at 2015年06月20日 20:05
初めまして(^ ^)私は43歳のシングルマザーです。彼は高校の同級生で、既婚者です。彼が単身赴任してから再会して、かれこれ2年半の付き合いになります。その間10ヶ月程別れて、復活しました。再開後は、お互い心決めた様な感じです。デートは単身赴任先に私が行く事が多かったのですが、とうとう転勤で戻る事に… ふみおさんのブログを読ませてもらい、いつも勇気づけられていました(^ ^)転勤前に将来を約束したものの、会う事も難しくなりそうなので、不安な気持ちもあります。またお邪魔させてくださいねメロディ
Posted by ケイコ at 2015年06月20日 20:13
メレンゲさん
私の同級生は仲が良すぎて兄弟みたいなんですよ。温泉で男女混合でごろ寝しますから。年下はあるんです〜メチャメチャ可愛がりますよw昔若い頃、同じジムに通う18歳の子と仲良くなった時は友人に「それギリギリアウト!」と言われましたけどw
Posted by y's at 2015年06月20日 20:23
紹介だけではダメなのですね。本当に困ってる人にとっては助かる情報なのかな?と思いました。
時々不自然な紹介の仕方なので、そうなのかな…?と思っていました。笑
自己責任ですけど、私と彼は薬は副作用が心配なのでやめようねって話してます。
人それぞれなので、議論する気はないです。
ED治療楽飲んで、あそこは元気だけどホテルで、失神して救急車…なんてことは避けたいです。笑
ふみおさんの彼女さんは、ピル飲んだりなんだかんだと尽くしてますよね。
彼女さんの気持ちも聞いてみたいものです。
Posted by P at 2015年06月20日 21:21
ふみおさんのブログを知って同年代、既婚者の恋愛というだけで親近感を得ました。
読んでいくうちに男性用側の考えや気持ちも分かって嬉しかったです。

そのうちコメント欄に同じ世代、同じ境遇のガールズの皆さんが沢山いて、リアルでは誰にも言えない気持ちを聞けたりして、私もコメントさせてもらうようになりました。
誰にも言えない関係を続けていくのは精神的に大変な時があります。
でもこの場所にくると1人じゃないんだって、ホッとするんです。
だからこういう場所を提供してくださるふみおさんにすごく感謝してるんですよ。
Posted by 椿 at 2015年06月20日 22:00
初めてコメントさせて頂きます。

最近好きな人ができました。
私も相手も既婚者でお互い子供もいます。
今はまだ私の片思いですが、彼のことが好きで好きで仕方なくて毎日辛いです。
朝から晩まで彼のことばかり考えてしまいます。

調べなきゃいいのに、SNSで検索して、かなり年下のかわいらしい奥様のお写真を見つけてショックを受けたり…
でも、少しでも彼に近づきたくてどうにも止めることができません。
もちろん誰にも相談できないし…
そんな毎日の中で、既婚者の男性の気持ちを知りたくてこのブログを見つけました。

今日のブログにも書いてありますが、大変失礼ですが私も薬の紹介が不自然に出てくるので、宣伝の為のブログなのかな?と思ったり、彼女さんはお酒が飲めないと書いてあったのに飲んでいる場面が出てきたりするので、もしかしたら架空の出来事なのかしら?と少し思いながら読んでいる気持ちもあります、ごめんなさいm(_ _)m

私も彼に近づいて、このブログみたいに気持ちを通わせられたらなぁ…と妄想しながらいつも楽しく読ませて頂いています。
これからも読み続けますね。
応援しています。
Posted by ゆっきー at 2015年06月21日 04:10
いつもふみおさんのブログに遊びに来て皆さんのコメント読んで共感してます。
付き合った時期がちょうど同じぐらいなので勝手に親近感出てたり。
男の人のホンネを聞ける機会ないので勉強になります。
ふみおさんのブログの存在は彼にも話しました。
「すっごいヤキモチ妬きで可愛い人なんだよ〜」ってふみおさんの事話したら彼に「オレだってホントはヤキモチ妬きだけど、男は彼女にわざわざ言わないんだよ」って。それから彼とふみおさん重ねて読んでます。

Posted by あーちゃん at 2015年06月21日 08:06
>Pさん

思った以上に儲からないですね、、、もっと男性に見てもらえればいいのかな?と思いますが、そんなことを考えたところで内容を変えようもないので 笑

彼女は「薬は無くてもいいよ♪」と言ってますよ、体の心配とかではなく現実必要性を感じていないんでしょう女性なので。これは男性側の問題と男性側の願望なので仕方ないですね〜



>ゆっきーさん



ED薬の宣伝サイトならもっと宣伝しますよ♪

ブログを書いてみて、どうせなら!と思いましたが、、、
ただ、効果がある(私の場合本来不要ですけど)ので困った人には有効。心臓病とか高血圧とかあると医師に相談したほうがいいと思います。

どの部分で「お酒が飲める」と書いたかは記憶にないのですけれども、空想の部分(ブログがばれるのを防ぐため)があるのは事実です。書かれてる内容の90%以上は事実ですね♪いやもっとかな?自分の気持ちを綴っている部分は100%真実♪



Posted by ふみお(ブログ主) at 2015年06月21日 12:14
ふみおさん、みなさんこんにちは(^-^)

十人十色、恋愛や物事の受け捉え方色々ですね。
因みに私は、ED薬の話宣伝だと思いませんでした。 彼は今使っていないですが、デリケートな問題なので、自覚したら自分で何とかするのかな?
男性ってプライドとかあるので、その女性から突っ込まれたくないのかなぁって…

新しく男性の方が増えたようですね。ふみおさんと同様、宜しくお願いします。
Posted by ラベンダー at 2015年06月21日 13:30
>ラベンダーさん

プライドは人それぞれなのですが、自覚したらなんとかすると思います。「無理だ」で終わる人は今のご時世少ないんじゃないですかね〜。友人は凄く喜んでいました「SEXできること」自体を 笑

Posted by ふみお(ブログ主) at 2015年06月21日 13:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック