2017年10月28日

10/28 感情

昨日ブログ記事を書いたのですが、何故か失敗・・・何が失敗していたのか分からないのですけど、下書きにも残らず・・・


で、今日また書き直しをしているのですが、以前も書いたことあるんですけど突然湧き上がる彼女を好きだっていう感情。


こう、なんていうか、表現がしにくい。しいて言えば「鳥肌が立つ」ような感覚。


「あ〜好きだな〜」


と思うと同時に全身を駆け抜けるような感覚。


ただ「時々」なのです。いつもじゃない。
快感にも似たこの感情というか感覚。とても好きです。
というか、これを記事に書いても他の人に理解してもらえるかどうか 笑


だれかいますか?













にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 40oyaji at 13:22| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
分かります!
鳥肌立って涙出ます!
けど、会えない。。

ホルモンの関係かな…とも思います^^;
Posted by 小笹 at 2017年10月28日 18:32
ふみおさん こんばんは。

いつもではない「鳥肌が立つような感覚」。
私は,魂ごとっていうのかなぁ…
やっぱり深いところから湧き上がるような好きだなぁっていう感覚があります。
頭で考える 説明ができる好きの感情とは違い,ゾクゾクっとするような全身全霊をかける感覚が離れていても彼のことを考えると時々きますよ。
Posted by 田んぼ at 2017年10月28日 18:39
私は鳥肌というよりも
胸がキュンっと苦しくなりますね。
あ〜好きだなあってしみじみ思います。
3年なので回数は減ったけど(笑)
でも彼を思うとキュンっです。
Posted by 匿めい at 2017年10月28日 19:51
お久しぶりです…
婚外関係が終わって、その彼が他の好きな女性と仲良くしていても…やっぱり大好きです!
Posted by 自転車 at 2017年10月28日 19:51
ふみおさん、ありますよ。
ふと、沸き上がること。
た〜ま〜にですけど。

ひとりの時は、空を眺めたくなります、二人でいる時は、彼の腕を急につかんだりします。

私は、いろいろやらかしてるので、彼はえっ何?と警戒しています(笑)。
Posted by チャラりん at 2017年10月28日 20:14
ふみおさん

あります
ふとした仕草
頬に触れた手
何気ない優しい眼差し…
そして肌を重ねた時
「あ~。この人。この人だったんだ。」という想い
他の誰にも感じたことのない想い

側にいない時でもふと思い出して、内奥から感じる感覚…
10年近くその想いは深まっていく一方です
Posted by 本当の想い at 2017年10月28日 21:34
私もあります。
鎖骨のあたりがゾクゾクするくらい
愛しいって気持ちが湧き上がること。
つま先から体の内側を電流が走るようなあの感じですよね。
ずっとずっと、この人のことが好きなんだろうなって思います。
Posted by ny at 2017年10月28日 22:55
わかります。
私は仕事をしてる時、彼に似た感じの人と接すると、そういう感情がポッと、浮かんできます…
そのときは、なんというか…心臓がドクンとなって、キュッとなります…

なかなか会えないけど、ふと彼を思い出してしまいますね…
Posted by ななしさん at 2017年10月28日 23:13
keiです

林檎さんのデート報告久しぶりにどこかのスレッドでチラ見して、嬉しくなりました^ ^お元気ですか?

ふみおさん、その感情、人類のDNAに刻まれてるんだと思います^ ^忘れちゃってるけど、たぶん過去の恋にも感じたんでしょうね〜

今日デートでした。のんびり散歩、映画、ランチ、ホテルコース。文字にするとすごい充実!でもあっという間の数時間でした。楽しいままでいたいので、別れ際はあっさりを気取ってますが、ほんとは未練タラタラです。
Posted by kei at 2017年10月28日 23:17
ふみおさん はじめまして。
数年前から読ませていただいています。
最初は不倫に走ってしまった友人を心配して訪れたのですが、そのうち同級生から告白されて自分がWの婚外恋愛の道に踏み込んでしまいました。
気付けば1年が過ぎ、戸惑いながらも彼の愛に包まれていることに幸せを感じています。
彼とはあらゆる感性が合います。
彼から言われる言葉「好きで好きで堪らないんだ…」ふみおさんの仰る気持ちと同じような感情が湧くときに出る言葉なのかなって思いました。。
これからも時々お邪魔して男性の心理を読ませていただきますね^_^
Posted by マミ at 2017年10月29日 01:42
わかりますよ(*^^*)
苦しいほど、「あー、やっぱ好きだ!」ってなる感覚
一昔前のドラマじゃないけど「好きだーー!」って叫びたくなります。
ふとしたときに、彼の匂いを感じることもありますよ
その時はホントに無性に会いたくなります。
Posted by さえみ at 2017年10月29日 02:10
全身を駆け抜けるような…快感みたいな感覚、想いが溢れていく感じですね。

それから胸のキュンキュンが止まらなくなったり、頭がぽーっとしてふわふわした感覚のときありませんか?
若い頃の恋愛の記憶は薄れてきてますが、あのころよりも今の方が、より深く感じている気がします。

これが恋愛ハイなのでしょうか…
無性に会いたくなりますね!
この時期が過ぎても、みなさんのように安定した良い関係を築いていけたらと思います。
Posted by ゆうこ at 2017年10月29日 12:02
再会して数ヶ月は「涙が出るほど好きだ」って彼がよく言いました。

その後は「世界一好きだよ」が続いて、
2年半を経た今では、朝晩のメールの最後に添える「愛してるよ☺」だけが残っています。

たまにケンカして離れそうになった時は
「ずっと離れないって決めたでしょ?」と言ってくれるので
それにジーンとなります。

昔、一方的に好きでいてくれた彼なので
こうやって考えてみると
ふみおさんや皆さんのような、何かに打たれたような感情や
急に溢れ出てくるような感情は私にはなく、
受け身な気はします。

愛してくれる彼にどんどん私も惹かれて今があるという感じですが
いつも平穏に愛があるという感覚です。
Posted by 名無し at 2017年10月29日 12:27
私は、胸のあたりが「ゾワゾワッ」ってくるのがそれなのかもしれないです。
お付き合いし始めた頃に比べると、だいぶ回数は減ったけど今でも彼の事を考えた時、時々その感覚が出てきたりします。
そして、「やっぱり好きなんだなぁ」って改めて感じます。
Posted by びーん at 2017年10月29日 13:44
私も、出先から、自分の行っている場所の写メとかが届くと、うわ〜♡という気持ちになりますね。

でも、少しして、私の中のクールな私が、あら〜いい歳して、恋愛に溺れそうになるとは、私ってなんて人生暇してるんだろうか〜と虚しくなります。

だから、結局深くはならないのね。
Posted by ローズ at 2017年10月29日 14:01
好きな気持ちが溢れでるような感情の時は、
最近は好き過ぎて辛い時が多いかもしれません。

彼は今、一番辛い時なのかもしれなくて…プライベートも仕事も。わたしどころじゃないのはわかるんだけど、私の支え方も中途半端で、わがままを言ってしまうこともあって…情けなくて。

今日もいろいろ話して、受け止める強い私とわかって欲しい弱い私がいました。
なんだかよくわからない感情で、1日が過ぎようとしています。
彼の悩みを聞けば聞くほど、今は私ではないと感じ、それを伝えると彼を苦しめる。

私は何がしたいんだろう…
何で付き合ってるんだろう…と考えてしまう1日でした。
吐き出す場所にさせていただきました。ありがとうございました。
Posted by ありあ at 2017年10月29日 17:33
ふみおさん始めまして。
私は「好きだなぁ…」って感覚わかります。
ふと今までの事を考えた時、特に思います。
ずっと一緒にいるからって言ってくれた時、ぎゅっと抱きしめてくれた時、
離れたくないって思いました。でもここ半年くらい連絡とれず、ずっと無視され続けやっと先日偶然話をすることができました。
忙しかったから。理由はそれだけです。でも飲みに行っているのは知っていました。同伴も。問い詰めた結果、会いたいと思わなかったって言われました。家庭の事情があり、お酒に逃げているのはわかりました。ここまでされても嫌いになれない…今はどうしようもない状態です。
いきなりこんな事書いてすみませんでした。
Posted by ☆TOM☆ at 2017年10月30日 19:14
ありあさん

よくわからない感情、
あーわかる、って思いました。
そして、今は私ではない、って
客観的にもとらえられるありあさん、
素敵だなって思いました。

彼さんはいろいろ話せてきっと軽くなったのでしょうね。
私は(奥さんには言えないような)弱いところをみせられたとき、
一緒にいる意味の一つを感じます。
たまにですけど。
男女双方のタイプもあるでしょうけどね。

中途半端な支え方。いいと思います。
彼さんも全部は出していないし求めてないのかも。
なんか、それでいい気がします。

吐き出しに乗っかっちゃってごめんなさい。
Posted by イランイラン at 2017年10月31日 02:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]